自分に合ったベッドを選びましょう

ベッドにこだわる
「ベッド 配置」
に関連するツイート
Twitter

この前、模様替えしたんだけど結局もとの配置に戻した✌️最近はベッドじゃなくてソファにいるのがお気に入り🥰

Twitter泉 凛花 🦄 Neat and clean@RiNKApurple_NAC

返信 リツイート 13:20

今現在のSwitchの配置 ベッドの頭のとこにある引き出しに百均のタブレットスタンドを引っ掛けて、その上にSwitch載っけってる。寝っ転がりながらやる時丁度目線の位置で楽なんだこれ…… pic.twitter.com/oX74sPlTbE

Twitterショウン ※配信活動にともない推し関連の装飾品外します@8556398

返信 リツイート 11:16

久しぶりに奇跡的に2人同時に寝たからリビングの片付け!!やるやる詐欺のベビーベッド解体!!ソファの配置も替えた!

Twitterふる®👦🏻2y&6m@mkt720f

返信 リツイート 11:12

模様替え。イケアのキッズソファーを寝室に配置。パジャマの定位置にしていて、お風呂上がり子供が自分でパジャマ着てくれる。2歳児はベッドに登るステップ替わりにも。 実は大人も座れるサイズなので、ベッドの横の置いてみたら、寝かしつけ前後に夫がここに座ってお喋りすることが増えた😊 pic.twitter.com/rd0sk2j1tw

Twitterジャイアンぱんだ@shihonori

返信 リツイート3 8:08

返信先:@karisome_EX 新築になって動かす家具があまりない。始めから位置を決めて間取りを考えたし、作り付け収納がメインだから。子供部屋に机やベッドを置いたら配置がえするかもしれない。

窓側にベッドを置くと寒いからどう配置すれば良いのか考えている(寒い)

Twitter禁酒してる人を見守る人@masiko

返信 リツイート 6:06

後半のシフトで三連休あるんだけど、そろそろ部屋の模様替え(家具の配置変え)しようかな。 今月はまだベッド買わないから、やるなら今かも? 来月になったらやらないだろうしな。 頑張ってみるか。

Twitterいくみ@仕事奮闘中@ikukupo

返信 リツイート 3:12

ホテルのベッドのいいところは枕元の絶妙なコンセント配置や🔌 駄目なところは論外ですぞ💡

TwitterKSY*☆姑息に外道☆*@takuyansaa

返信 リツイート 1:04

今のところ、冬対策のベッドの天蓋とコタツはお家にあった景品とかで貰った膝掛けと自分のDIY道具で作れているので 実質0円+愛情です❤️(*´◒`*)b ベッドはニャンズ部屋No.1に、 コタツはニャンズ部屋No.2にそれぞれ配置! 湯たんぽも部分カーペットもあんかもあるし… はじめての冬、頑張ろう!! pic.twitter.com/yL9qpSsoOc

Twitterそらとうみとチキンのぴよさん@soraumi_chicken

返信 リツイート 0:38

あとで消すけど…………ベッド配置から作業台の配置からもろもろ悩んでる…部屋が足りない………

ベッドは部屋のどこに配置するのがよいか

ベッドは部屋のどこに配置するのがよいか

畳の上に布団を敷いて寝るのもとても気持ちが良いものですが、ベッドもふかふかしてとても気持ちが良いものです。
気持ちが良いだけではなく布団の上げ下げをする手間が省けますし、足が悪い人は特に寝起きが楽でしょう。
では、これからベッドを購入したいと思っている人は、部屋のどこに配置すればいいでしょうか。
それは、落ち着いて休めるところです。
例えば、部屋の邪魔にならないように窓際にぴったりとくっつけて配置したとします。
確かに、邪魔にはなりません。
しかし、窓際は夜はとても寒くなりますし、朝日が直接顔にあたってしまうということもあります。
それで、窓際にベッドを配置する場合には、厚手の遮光カーテンを取り付けるようにしましょう。
そうすれば、窓からの冷たい空気をある程度防ぐことができますし、朝日が顔に当たってまぶしいということもありません。
ぜひ、安眠できるところにベッドを配置して一日の疲れをゆっくりと癒しましょう。

収納のタイプ別ベッドの選び方

ベッドを選ぶ際には、自分のライフスタイルに合ったタイプを選ぶことが重要となります。
部屋の収納スペースが不足している場合や、空間を有効活用したい場合などには、収納力のあるベッドが役に立ちます。
まず、基本的なものとしては、下に引き出しが付いているタイプがあります。
一般に最も普及している形で、種類や色、大きさなど豊富なので、好みのものを選びやすくなっています。
引き出しの分だけ高さがあるだけなので、圧迫感もそれほどではありません。
ふたつめに跳ね上げ式のものがあります。
ガス圧式で開閉ができ、ベッドの下がそのまま大きな収納スペースになります。
大きい荷物を出し入れする目的に適しています。
みっつめにロフトベッドがあります。
机や本棚、家具などをセットで収納することができるため、部屋に新たなスペースが生まれ、部屋を有効に活用できることがメリットです。
どのタイプが目的に合っているのかを比較し、部屋の広さや高さに合ったものを選ぶようにしましょう。

おすすめWEBサイト 19選

塾を可児エリアで調べる

2018/8/20 更新